卵殻膜美容液に配合されている成分を徹底検証してみた

美肌に欠かせない成分がたっぷり含まれることから、多くの化粧品メーカーやコスメフリークから大注目されている卵殻膜化粧品ですが、まだまだ卵殻膜について正しい知識をお持ちの方は少ないように見て取れます。
そこでこの記事では、卵殻膜美容液に配合されている成分を中心に、卵殻膜が私たちのお肌にどんな恩恵をもたらしてくれるのかをご説明します。
最近では様々なメーカーから卵殻膜美容液が販売されていますが、その中でも特に良い商品を選ぶ基準として参考になさってくださいね。

 

卵殻膜美容液に使用される「卵殻膜エキス」について

卵殻膜美容液に使用されているのは「卵殻膜」という卵の内側にある薄膜の素材です。
この卵殻膜を水に溶ける技術を用いて加工して、美容液になっているんですよ。

 

卵殻膜の主成分はタンパク質ですが、その他にも18種類のアミノ酸や、コラーゲン、ヒアルロン酸など、人間の皮膚との親和性が極めて高い成分などで構成されています。

 

特に、コラーゲン、ヒアルロン酸というのはお肌の潤いと柔らかさを維持するために必須とも言える成分ですよね。

 

このような特徴から、卵殻膜は古くから傷口の治療にも使われてきました。
これは、包帯や絆創膏などで治療をするよりも、卵殻膜を使用したほうが傷の治りが早いという噂が広まり、力士やプロレスラーの間で傷口治療の常識となったからです。

 

傷の治りが早まるという噂が広まった理由としては、卵殻膜に多く含まれる「シスチン」という成分が影響しています。
このシスチンは、肌の代謝(ターンオーバー)を正常化させる働きがある「L-システイン」というアミノ酸の生成を助けます。

 

そのため、肌の代謝をアップすることで傷をより素早く治すことが期待できるのです。
このシスチンは、美肌や美髪の維持にも必須の成分と言われていますので、卵殻膜エキスを積極的に取り入れれば綺麗な肌や髪に導いてくれることでしょう。

 

実は化粧品以外にも調味料やサプリなどに使用されています

優れた成分で構成されている卵殻膜は、卵殻膜を細かくする技術や、水に溶けるようにする技術を用いて、化粧品のみならず、食品や調味料、繊維やサプリメントなどにも使われています。

 

サプリメントでは美白作用を、食品原料ではうまみ増強効果が期待できるとされていて、今でも卵殻膜がもたらすメリットについては日夜研究が重ねられているんですよ。

 

卵殻膜エキスはヒト真皮繊維芽細胞を増やします

シワやたるみをはじめとする、エイジング系の悩みを抱える女性は多いものです。
これらの悩みを解決するために、昨今の皮膚科学の世界で注目を浴びているのが「繊維芽細胞」と呼ばれる細胞の活性化です。

 

繊維芽細胞とは、ヒトの真皮に存在する細胞のことで、ハリと潤いに影響するとされる、コラーゲン・ヒアルロン酸・エラスチンといった成分を作りだす細胞のことを指します。

 

しかし、この細胞は日々の紫外線ダメージや加齢などにより、25歳を過ぎると大幅に働きが鈍くなって減ってしまうことが分かっています。

 

しかし、いくら年齢を重ねていても卵殻膜エキスを使用することで、ヒト真皮繊維芽細胞を接着して増やせるということが分かっています。

 

つまり、卵殻膜エキスには、ハリや潤いに作用する嬉しい働きを実現してくれることを表しているのです。

 

卵殻膜エキスと相性のいい美容成分は

若々しい美肌を保つには、卵殻膜エキスだけでも充分効果的なのですが、卵殻膜エキスと相性の良い美容成分と組み合わせて使うと更にパワフルな美容効果が得られるでしょう!

 

では、卵殻膜エキスと組み合わせて使うと良い美容成分はどのような成分なのでしょうか。

 

フラーレンやプロテオグリカンなどアンチエイジング成分

卵殻膜エキスの使用を検討する方は、アンチエイジングを期待している方がほとんどなのではないでしょうか。
卵殻膜エキスはそれだけで高いエイジングケア効果が期待できる魅力的な成分ですが、その卵殻膜エキスが持つエイジングケア効果を更に底上げするには、フラーレンやプロテオグリカンなどのアンチエイジング成分を組み合わせて使うことをおすすめします!

 

卵殻膜エキスとフラーレン、プロテオグリカンを卵殻膜美容液にプラスすることで、肌に足りないものをこれでもか!というほど満たすことができるので、使い続けるごとに若々しい印象の肌に近付くことができるんです。

 

卵殻膜美容液を選ぶときの基準にしたい配合成分の種類

近年、様々な化粧品メーカーから熱い視線を注がれている卵殻膜美容液だからこそ、きちんと有効成分が配合されている商品を選ばなければ、理想通りの効果を得ることはできないでしょう。

 

では、卵殻膜美容液を選ぶ際にはどのような配合成分に着目して選べばよいのでしょうか?

 

まず、卵殻膜美容液を選ぶ際に真っ先にチェックすべき点が、卵殻膜エキスがどれほど入っているかどうかです。

 

この卵殻膜エキスの割合についてですが、90%以上を目安に高配合の商品を選ぶと、きちんと卵殻膜エキスの恩恵を受けられることでしょう。

 

卵殻膜エキスの他にも、希少なエイジングケア成分の「フラーレン」や、「プロテオグリカン」、細胞のターンオーバーを促し、生まれたてのプルプル肌に導く「EGF」などの美容成分が含まれている商品を選ぶと、エイジングケア化粧品として優れている商品と言えるでしょう。

 

ぜひ、卵殻膜エキス配合の美容液を選ぶ際には、上記でご紹介したアンチエイジングに効果的な美容成分も併せてチェックして、より素晴らしい効果を発揮してくれるあなたにピッタリな卵殻膜美容液を選んでくださいね!